予約について

松本ですわーい (嬉しい顔)

 

今日は美容室ってなぜ予約が必要なのかexclamation and question

というお話をさせていただきます。

 

私が美容師になった28年前

美容室は予約制度がありませんでした。。。ふらふら

 

 

なのでお客様は1度お店に来店して

空いていればそのまま施術。

 

一杯であれば 受付表に名前を記入して待つ

という今の病院みたいな感じでした。。。冷や汗2 (顔)

 

なので

土日などは2時間待ちなんてザラでした。。。泣き顔

 

美容室に行くのは半日仕事。。。

いつ仕上がるのかわからない。。。

 

 

 

そんな中、登場したのが 予約制です。ひらめき

 

 

「これでお客様をお待たせしなくていい」

「これで一見落着」

と思いきや そう簡単にはいきませんでした。涙

 

 

 

皆さんも経験あるかと思いますが
「予約したのに長い時間待たされた。」

「予定通りに仕上がらず、後の用事に間に合わなかった。」

「担当者がコロコロ変わって不安」

 

なんていうことが起こるようになりました。。。ぷっくっくな顔

 

 

 

 

これは美容室側が予定していた仕上がり時間に仕上げることができず

次の枠、その次の枠とずれ込んで行くためです。。。むかっ (怒り)

 

誤解ないようにお話すると

美容師さんは本当に一生懸命やっているのですが

お客様をひとりでも多くと願い

必要以上に枠をつくらざるを得ないお店の予約制度に原因があったりします。。。ふらふら

 

店長とかしていると

売上の追求とかありますし。。。あせあせ (飛び散る汗)

 

まあ どんな仕事でもあることですが。。。たらーっ (汗)

 

 

でもこれはスタッフのお給料を確保するために

経営者にとっては必要悪みたいな部分かもしれません。。。

(ホットペッパーに載っているお店は掲載料を払うのが大変なんです有料

これはオフレコでwww

 

 

なので残念ながら この状況はまだ多くの美容室で解消されていない問題です。。。

 

 

ただこれはお客様だけでなく

美容師側にも大変ストレスになることなんです。

 

早く終わらせるために

目を瞑ってしまうこともあったような気がしますげっそり (顔)

(これは昔の修行時代の私の話ですがふらふら

 

 

こんなストレスを感じずに

一人一人としっかり向き合った仕事がしたいexclamation

 

お客様にもそのような嫌な思いは絶対にしてほしくないdouble exclamation

 

という想いで

13年前、サプリをオープンした時に

今のマンツーマンでの完全予約にたどり着きましたウッシッシ (顔)

 

一見、面倒に思える事前予約ですが

お客様側にもメリットはたくさんあります。

 

 

何時に終わりますか?というご質問に

明確な時間をお伝えすることができます。手 (チョキ)

 

 

あと予約の時に

ヘアスタイルのことを相談したいと言っていただければ

スタイリストが個別で時間を長くお取りしているので

次の予約に重なってずれ込むということはありません。グッド (上向き矢印)

 

 

こう書くと良いことばかりのようですが

もちろんデメリットもありますバッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)バッド (下向き矢印)

 

それは・・・

 

髪を切りたい時に 切れない可能性があるということですふらふら涙がまん顔

 

1日に1人のスタイリストが担当できるのは5人〜8人くらいなので

お断りしてしまうことがあるのも現状です。。。考えてる顔

 

申し訳ございませんもうやだ〜 (悲しい顔)

 

 

なんていろいろ書きましたが

 

 

それでもやっぱりサプリがいいdouble exclamation

 

 

そう思っていただけるように

1人1人に向き合って

笑顔になっていただけるスタイルづくりに邁進しています美容院 (鋏)

 

なので不便に感じる部分もあるかと思いますが

ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。わーい (嬉しい顔)